髪の毛を気にする男性

誰もハゲたくてハゲてるわけじゃない!ハゲたことが無い人にこの気持ちがわかってたまるか!今、心が泣いているあなたへ、私は伝えたい。AGAだからって本当に諦めていいのか?いや絶対に諦めるな、自分を信じることが自信に繋がる第一歩。

薄毛のコスプレにされるAGAと併用できる医薬品

薄毛はなにかと注目に浴びやすいです。それはコスプレからもわかります。コスプレ会場では、ひとりくらいはハゲのかつらを被った人を見掛けられます。それほどメジャーであり、ネタにされることも多い薄毛です。その薄毛になる症状はいろいろありますが、そのひとつとして男性型脱毛症であるAGAがあげられます。主に男性が発する症状になりますが、最近では女性ホルモンが低下し、男性ホルモンが優勢的に働くことで薄毛になる女性版もあることがわかっています。
その対処は男性ホルモンを作らせないことです。しかし男性ホルモンというのは、男性には欠かせないホルモンになります。女性にも薄毛の原因となる男性ホルモンが産生されることもありますが、男性よりも多い女性ホルモンを増やす努力をすることで、この男性ホルモンの影響を受けにくくさせることができますが、男性はなかなかそのようなことができません。男性が行うことができる対処となると、その男性ホルモンを阻害させる医薬品を使うことになります。フィナステリドが含まれているプロペシア等の医薬品が有名です。この医薬品は男性にしか使うことができませんので、女性は注意してください。
このプロペシアと併用できる医薬品がミノキシジルになります。どちらかというとプロペシアは脱毛防止と育毛を担い、ミノキシジルは発毛を施す医薬品になります。併用することで絶大な薄毛対策になります。しかし地肌が見えないような状態であれば、ミノキシジルを使わずに、プロペシアだけで脱毛を予防し、育毛を期待する使い方も可能です。どちらも一度使ったら使い続けなければならない医薬品です。頭髪を諦めるまで、必要になることを自覚しておきましょう。