髪の毛を気にする男性

誰もハゲたくてハゲてるわけじゃない!ハゲたことが無い人にこの気持ちがわかってたまるか!今、心が泣いているあなたへ、私は伝えたい。AGAだからって本当に諦めていいのか?いや絶対に諦めるな、自分を信じることが自信に繋がる第一歩。

AGAと女性ホルモンの関係と唇部脱毛について

鏡で自分の唇を見た時に、うっすらと産毛が生えているのを発見し、それをカミソリでムダ毛処理をしようと考える人がいます。
唇は凹凸が多いため、カミソリを使って処理を行うと怪我をしてしまう事が在るので注意が必要です。
しかし、脱毛サロンやクリニックなどでは唇部脱毛も可能になっているため、専門家に依頼する事が怪我をせずにムダ毛を処理する秘訣です。
但し、唇のムダ毛と言うのは他の部位に生えている毛と違い、毛の色が薄くなっています。
光脱毛やレーザー脱毛は毛の色が濃い場合に有効な方法で、産毛などの毛に対する効果は弱くなります。
また、粘膜部分や目の周り以外であれば、大半の部位の脱毛は可能になっているので、クリニックや脱毛サロンを利用して脱毛の説術を受けるのがお勧めです。
所で、AGAと言うのは男性に多くみられる薄毛ですが、女性にもFAGAと呼ばれる薄毛が在ります。
FAGAは男性型脱毛症と同じようなメカニズムで薄毛の症状が起きるのが特徴で、別名「女性男性型脱毛症」や「瀰漫性脱毛症」と呼ばれており、AGAとは区別されているのが特徴です。
尚、男性型脱毛症は進行型の薄毛で、そのままにしておくことで抜け毛の量は増え続け、次第に薄い部分が広がってしまい、全ての毛が抜けてしまう恐れが在ります。
これに対し、女性の薄毛となるFAGAは、女性ホルモンの分泌が在るため、男性のように全ての毛が無くなると言う事は在りませんが、薄毛の症状が起きる事でのストレスや不安などにより、女性ホルモンが乱れると言うリスクも在ります。
そのため、薄毛の症状が起きた場合などでは、専門クリニックを利用してカウンセリングや診察、そして治療を受ける事がお勧めです。