髪の毛を気にする男性

誰もハゲたくてハゲてるわけじゃない!ハゲたことが無い人にこの気持ちがわかってたまるか!今、心が泣いているあなたへ、私は伝えたい。AGAだからって本当に諦めていいのか?いや絶対に諦めるな、自分を信じることが自信に繋がる第一歩。

AGAの治療を開始した時の初期脱毛と食事について

AGA治療を開始すると初期脱毛が起きるケースが在ります。
初期脱毛と言うのは、AGAの症状を持つ人が治療を始めると、普段よりも抜け毛の量が極端に多くなると言うもので、初期脱毛が起きてしまうと、治療を行っている人は不安に感じてしまう事になります。
抜け毛の量が今まで以上に多くなるのが初期脱毛ですので、治療を行っているのにも関わらず、抜け毛の量が多くなれば全ての毛が抜けてしまうのではないかと恐ろしい感覚に陥る事になります。
しかし、初期脱毛が起きると言う事は医薬品の効果が出ている証拠でもあり、今まで以上の抜け毛が起きても不安に感じる必要は在りません。
AGAは体内の男性ホルモンのテストステロンと体内酵素の一つでもある5α-還元酵素が結びつき、テストステロンが強制脱毛ホルモンとも言われているDHTに変換され、DHTがヘアサイクルを乱すことで抜け毛が多くなると言った薄毛のメカニズムが在ります。
そのため、5α-還元酵素を阻害する医薬品を使う事で、テストステロンは5α-還元酵素と結びつくことは無くなり、DHTと言う強制脱毛ホルモンに変換されなくなるため、ヘアサイクルが正しくなり、結果的に発毛を期待出来るようになるのです。
しかしながら、薄毛の症状はDHTだけが原因ではなく、生活習慣の乱れや食生活の乱れなども関連しているため、生活習慣を見直す事、そして食事についても注意が必要です。
AGAの治療ではミノキシジルと呼ばれる育毛剤が併用されるケースが在りますが、ミノキシジルは血管を広げる作用が在り、栄養を発毛組織に届けやすくしてくれます。
そのため、食事を改善することで栄養を発毛組織に届けやすくなり、結果的に育毛の効果を高めることが出来るようになります。